のじシネマ

映画の感想を書いています。絶望と不条理を映画に求めてしまいがち。ときにネタバレ。

【映画】50年後のボクたちは あらすじ・感想 脱少年物語

 

 

『50年後のボクたちは』

一言でいえばこんな話

 

学校にも家庭にも居場所のない14歳の少年2人が

車で旅に出る話。

 

 

 

f:id:nojirika:20200420161400j:plain

 

ドイツの映画ね

14歳のマイクと転校生チックの一夏の物語

 

  

50年後のボクたちは

作品情報

公開年度 2016年
上映時間 93分
監督 ファティ・アキン

キャスト

マイク トリスタン・ゲーベル
チック アナンド・バトビレグ
イザ メルセデスミュラー

 

原作はドイツでベストセラーになった小説の映画化

 

イントロダクション

学校で変人扱いされて浮いているマイクは、家庭でも父は家庭を顧みず浮気三昧で、母親はアル中だ。
密かに想いを寄せるクラスメイトでアイドル級にかわいいタチアナからは相手にされず、孤独な日々を送る。
あるときクラスにチックという変わり者が転校してくる。
最初はチックを避けていたマイクだったが徐々に打ち解け、暇な夏休みをチックの車で旅に出ようということになるのだが。

 

www.youtube.com

 

招待されないリアル感

 

マイクは憧れの女の子、タチアナの誕生日のパーティに呼ばれることを祈りつつ、プレゼントに渡すべく彼女の顔をスケッチしています。

クラス全員を呼ぶと聞いたマイクは自分も呼ばれるはずと浮き足立ちますが、結果的に招待状を貰えなかったのは、マイクと転校生のチックだけでした。

タチアナは別に意地悪をしたというのとも違い、忘れてしまっているようで、関わり合いになるのを避けているようでもあります。
そのちょっとした残酷さがリアルでした。

その後、チックは車でマイクの元を訪れます。
夏休みだというのに、マイクの母は療養に行ってしまい、父は愛人と旅行に。
一人残されたマイクとチックはチックの祖父が住むワラキアという場所に向かうことにします。

旅はおおよそ楽しいものですが、親切にしてくれる人もいます。
でも何しろ14歳が車の運転をしているので、見つかれば警察に追われもします。

それでも何とか旅は続きます。

あっけなく旅終了


イザというプラハに向かう女の子と出会い、迫られてドキドキするマイク。その後、チックがゲイだとわかりますが、それもマイクは淡々と受け止めます。

長く続きそうだった旅はあっけなく幕を閉じてしまい、チックの行方はわからなくなります。

マイクは警察で尋問を受けたり、父親からは激怒されたりしつつ残りの夏休みは過ぎていきます。

また退屈で息がつまるような日常が待っているのかと思いましたが、そうではありませんでした。

あっという間に成長

マイクは旅を通して成長していたから。
両親のことも自分にとっては大したことではない。
憧れのタチアナのこともどうでもよくなっていました。

随分あっという間の成長に驚きますが、14歳ってこんなものかもしれません。
価値観や感じ方がある瞬間、驚くほど変化する時期があるのでしょうね。


「50年後ここで会おう」

 

旅の途中、チックとイザへのマイクの言葉がこの映画のラストで、邦題のタイトルにもなっています。

マイクはチックとイザと意気投合しましたが、その後、別れることを恐れません。
人生とは別れを繰り返すもので、逃れることはできない。
だけどマイクはチックのいない教室で、チックとイザに会いたいなと思っている。

実際に会えなくても、会いたいと願うことが何より大切。
会いたいと思われないのに現実で一緒にいるより遥かに尊いことです。
そのことに気付かせてくれる映画でした。

男の子の青春映画というと『スタンドバイミー』が大御所ですね。
あえて比較してしまうと、人数も旅のスケールもこじんまりとしています。
ただその分、現実的な男の子の成長が見れたということ、夏休みの終わってすぐに主人公マイクが何をどのように感じたかを描いていたところがよかった点だと思います。

『50年後のボクたちは』は、現代の男の子の感覚と成長期の人が抱える普遍性をコンパクトにまとめた映画です。良作。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
それではまた。

のじれいか でした。


映画レビューランキング